Create Box maaru?笑えない人生なんて意味がない!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
紡ぐということ。〜Please Donate For Japan Earthquake〜 23:10











今度の日曜は待ちに待った伊藤大輔のLIVE。
正直迷った。
彼のいる千葉も今回の地震で揺れているし
今もまだ余震が続いている。
でも彼は金沢に来たいと言ってくれた。
こんな時だからこそ「歌い手として出来ることがある」と思ってくれたのだろう。
心配な状況の中
各々が「何が出来るか」を必死に模索している。
日本中、世界中で。
彼ももれなくその一人。そしてアタシたちも。


まだ報道が優先される今
彼の歌で希望を見出して欲しい。
今日よりも笑顔になってほしい。
その思いはますます強くなった。


まだ若干のお席の余裕があります。
私たちと一緒に彼の歌を聴きませんか?
お問い合わせ
ガレタッソ 金沢市泉野出町3-13-2  Tel 076-272-5353  Fax 076-244-5539
もしくはアタシまで。笑








Please Donate For Japan Earthquake


Flickr有志で協力して全世界からの義援金寄付を呼びかけています。
写真にタイトルを入れて(入れなくてもいいので)、
寄付先のリンクを掲載して呼びかけています。

もしここを見ているFlickrユーザーの方がいれば、
この試みに賛同してもらえませんか。

もちろんこの試みは、Flickrユーザーでなくても
それぞれがプチやツイッター、Facebookという場でできることです。
また海外の方だけに頼るのではなく、まずは自分自身が、
日本人みんなが義援金を寄付することができるでしょう。
これはその上での写真を通した試みです。賛同してもらえると嬉しいです。
私もmaarunchuとしてこのプロジェクトに参加しています。
この写真はまあると一緒に旅をした石垣島。
まだ小学生にもならない彼は
この時初めて飛行機に乗り石垣島のお兄さんに
「ぼくねぇ〜日本からキタ〜〜!」と同じ日本人に向かって
そらも〜自慢気に言ってしまった。。
そんなあどけない彼も募金して!とお金をくれるようになった。
あの頃のように穏やかで平和な時間が
一日も早く訪れることを切に願う。


要旨←(click!)

Flickr Group←(click!)


Donate List
←(click!)


募金先一覧
(nanapi[ナナピ])


※詳しい経緯はディスカッションを参照ください。←(click!)








| 大切なこと | comments(4) | - | posted by maarunchu
Please Donate For Japan Earthquake 23:54








昨日まあるがご飯を食べ終わったあとにこう言った。
「お母さん、テレビはこれからもずっとこんな感じなの?」
子供にしてみればテレビから流れる映像の凄まじさや
悲しみに打ちひしがれている被災者を見るたびに
心が痛くなるのは無理も無い。


「それくらい今日本は大変なことになってるって言うことなんだよ、わかる?」
アタシの言葉を黙って聞いていたまあるが言ったのは
「お店には募金箱とか無いの?」
「そうだね、今はまだ無いけど考えてるよ。でもどこからでも募金はできるよ」
「そっか。。。」
「まあるも募金する?」
彼はしばらく黙って頷き
「うん、僕も募金するよ!お母さん募金して」と
お小遣いから1000円札をアタシに手渡した。

子供だってできることはある。
お菓子を我慢したり本を買ったりするのを
困ってる人たちの役に立つならと差し出したのだ。


「きっとご飯を食べるのも大変なんだろうね・・僕ご馳走してあげたいよ」
お腹いっぱいになったまあるがそう言ったのは
被災地で満足に食事を取れない人と自分を比べて
心が痛くなったんだと思う。


アタシはその1000円を受け取ったとき
胸がぎゅうっとなって
愛おしくなった。


そして写真を通じて友だちになった仲間が
写真が大好きな僕たちにできることはなんだろう?そう考えて
立ち上げたプロジェクト。


Please Donate For Japan Earthquake


Flickr有志で協力して全世界からの義援金寄付を呼びかけています。
写真にタイトルを入れて(入れなくてもいいので)、
寄付先のリンクを掲載して呼びかけています。

もしここを見ているFlickrユーザーの方がいれば、
この試みに賛同してもらえませんか。

もちろんこの試みは、Flickrユーザーでなくても
それぞれがプチやツイッター、Facebookという場でできることです。
また海外の方だけに頼るのではなく、まずは自分自身が、
日本人みんなが義援金を寄付することができるでしょう。
これはその上での写真を通した試みです。賛同してもらえると嬉しいです。


要旨←(click!)

Flickr Group←(click!)


Donate List
←(click!)


募金先一覧
(nanapi[ナナピ])


※詳しい経緯はディスカッションを参照ください。←(click!)



被災地の人々に一日も早く笑顔を取り戻せるように祈っています。
そしてアタシたちは行動を起こすべきではないでしょうか。









 
| 大切なこと | comments(2) | - | posted by maarunchu
Pray for Japan! Praying For Japan! 15:02







2011年3月11日
誰がこんな悲劇を予想しただろう。
東北地方太平洋沖地震。
誰もが悲しみに打ちひしがれて
飛び込んでくるニュースに釘付けになった。



重苦しい朝を迎え
会社へ出ようと車に乗って
気持ちが散漫だったために
左のドアミラーが無いことに全く気がつかなかった。
誰かわからないがものすごい勢いでぶつかって
逃げた。逃げた。だろうと思う。
昨日アタシはほとんど車を駐車場においたままだったから。
それでもアタシのドアミラーがぶっ壊されたことなんて
被災にあった方々のことを思うと
蚊に刺された様なレベルではないか。。。



どんなにか不安だろうと言葉にならず
何を書いても陳腐な気がしていた。
でも世界中の人がこの災害に当たって祈り続けている。(click!)
今こそ世界がひとつになると確信した。
国が違っても人種が違っても
同じ人間として見ないふりなど出来ない。
離れているからと何も出来ないともどかしさでいっぱいになる人たちは
それぞれに「自分は何が出来るか」と必死で模索している。
世界中の人が祈ってる。
サッカー選手である槙野くんが
試合中にユニフォームを脱いで手書きのメッセージ。←(click!)


東日本大地震の為、下記のお願いが友人から届きました。ご協力お願いいたします

■お願い■
関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。
一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり
病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます。

このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します

何人もの友人から転送されてきた。
対岸の火事では無いのだ。


こんな時だからこそ何も出来ないと罪悪感に駆られないで
笑顔を取り戻せるように尽力したい。


今まさにこの瞬間にも新しい命が生まれていると思う。
まだ出来ることはいっぱいある。
アタシたちは現実をこの目でしっかりと観なきゃいけない。
絶対に乗り越えられる!
ひとりひとりの力は微力
でも
たくさんの人が力を合わせればどんな困難も困難じゃ
なくなるはず。

そう信じてやまない。
泣いてる場合じゃない。
本当に泣きたいのは多くの命を失った被災者の方々なのだから。


米軍の日本救援のコードネームが Operation Tomodachi。
世界中が「こんなときくらい俺らを頼れよ!仲間じゃないか!」と言ってるかのような
そんなコードネームに胸が熱くなった。
世界各国から今こそ日本を救わねば!と来日。
感謝の一言に尽きる。



笑顔を取り戻そう!
世界中のみんなで!
誰も諦めてなんかない!



ツイッターに投稿された数々のメッセージ。←(click!)



今回の震災に遭われた方々へ
こころよりお見舞いを申し上げます。
そして、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

現在行方不明の方々が1人でも多く救助され
時間はかかっても一日も早く
笑顔を取り戻される日を心から願うばかりです。


Yahoo!による緊急災害募金 (click!)

Tポイント・Tカードによる【緊急募金】東北地方太平洋沖地震   (click!)


ファミマにあるFamiポートでもできます。
ピンク色の「募金」というボタンを押す 「日本赤十字社」→「金額選択」。
レシートをレジにもっていき支払う。
10000円を超える場合は、数回にわけておこないます。


まずは有限実行。
憂いているばかりでは道は開けないから。






| 大切なこと | comments(0) | - | posted by maarunchu
<< | 2/2 |