Create Box maaru?笑えない人生なんて意味がない!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
念願のNUAGE ニュアージュのバターサンド  19:57







今日のスペシャリテはNUAGE ニュアージュさんのバターサンド。
なんと福井からわざわざ持って来てくれた!
すごおおおおおく食べたかったお菓子である。







心躍るスイーツに
帰りがけに入った急な配達も
全然問題ないわよ〜いくわよ〜っ
お家に帰って家族で食べるわよ〜ってなもんで
全く単純なアタシである。ぐふふふふ。

ひとつひとつきれいに包装されている。
色使いもフォントも好きな感じでワクワクする。
『冷やして食べてね』と言うので
晩ご飯が終ってからのお楽しみに冷蔵庫で冷やす。





エシレのバターが使われているバターサンドなんて
何ともはや贅沢な。
種類は10種類で
酒粕レーズン、ダブルショコラ、苺練乳、抹茶小豆、小豆バターに
カフェモカ、チーズケーキ、極上味噌、焦がし醤油キャラメルにピスタチオ。
まさかココまで種類があるとは思わなかった!取り合いになる。w


サブレクッキーが絶妙に好きな堅さで甘くなくって
それぞれのバタークリームと喧嘩しない。
そう、まさに『いい塩梅』とはコレ。






冷たくして食べるのがいいというのも納得納得。
口の中でひんやりと甘さと塩加減がたまりませんの。
危険だ。独りで全部食べれる。(勿論仲良くわけわけして食べたよ)
おいすぃーーーー!!
まあるが『わ!美味しいね!』とペロンと食べちゃった。
どうもこれはホワイトデー用の期間限定商品のようで..
フォーラスでも買えるみたいだったけど。
明日買いに行こ。行けるな、うん。まだ間に合うかな?ドキドキドキ。
入荷数も限定なので(次の入荷は19日以降だという噂も)
もし欲しいって思ったらお店に問い合わせした方がいいかもかも。
美味しいウイスキーにも合う気がするなり。
ごちそうさまでしたっ!
今日もツイテル。いい子にしててよかった。w

わのわニュアージュWANOWA NEAGE ←(click!)
金沢フォーラス FORUS 1F

お問い合わせ 076-265-8192

| スイーツ | comments(0) | - | posted by maarunchu
アカルイミライを祈る、願う、忘れない。 21:35



あの忘れもしない3月11日から5年目を迎えた今日。
あの日も金曜日だった。
日本中、世界中の人が多くの人々が飛び込んでくるニュースに
言葉を失った。生まれて初めて見る津波の恐ろしさは
他人事ではなかった。
命の尊さを儚さをただただ、悲しむことしか出来ない自分に
歯がゆさを覚えた日だった。
チームこのへんというボランティアグループが
あれから何度も何度も被災地に足を運び
今も被災地の人々と心の交流を続けている。
5年目を迎えた今も
福島の方々のことを思い続け
心に寄り添うと言うことを風化させないでいる。
もう5年ではなく
まだ、5年なのだ。














毎年小松の商店街のアーケードでは
震災で被災した人たちのことを想って
キャンドルナイト&musicを開催している。
今年もたくさんの人の手により温かく開催することが出来た。
被災地に何度も足を運んだメンバーが声を掛け
何度も何度もミーティングを重ね
賛同する人たちが集う被災地支援のキャンドルナイトに
今年も行くことが出来た。





岩手県から運んできた灯り、キャンドルの暖かい光と優しい音楽に身を委ねる
優しい夜。








この日アーケードに使ったキャンドルは1000個ほど。
手作りのキャンドル台も美しかった。




何度も何度も微調整しデザイナーのchiyoちゃんがデザインしたキャンドル配置。
キャンドルに灯をともしだす頃には涙が出そうになった。





そーっとそーっとキャンドルの中に入る子どもたち。





ステージ前にも色とりどりの美しいキャンドルが置かれ
地元のミュージシャンやフラのメンバーの踊りが
訪れた人をもてなしていた。






絶品の美味しい屋台の数々。
ワークショップや販売に開催したメンバーも
出展してくれた方々も
訪れた人たちも心満たされた日。
アカルイミライを祈る、願う、忘れない日。

未だ復興は5年経った今もおもうほど進んでおらず
心の傷も癒えてはいない。
まだ、5年なのです。

私はまだ1度しか足を運べてはいないのだけど
また必ず訪れたい。向こうで出会えたご縁を繋げたい。
あの方々の笑顔に会いたい。寄り添いたい。

未だ心の傷を負いながらも
必死で生きようとしてる同じ国の
同じ地球の人々たちに
少しでも、本当に少しでも笑顔が戻りますようにと
心から祈ります。


 
| 大切なこと | comments(0) | - | posted by maarunchu
Connect in "SOUL" style 20:03






金沢21世紀美術館 写真展『 Connect in " Soul " style 』
"RAWGUNS" Presents 

February 2 to February 7,2016
写真展 Connectin "SOUL" style

『 世界に繋がる写真と魂 』

それは、一枚の写真から始まった。
目を凝らして観ることへの情熱が世界と人とを繋いでいく。
一瞬を斬り魂で響き合い繋がるもの、、既成概念を打ち破る自由な発想。感性の表現者。

写真表現にリミットは無い。



冬の金沢で面白いことが起きそうだ。
アクションを起こせばリアクションがくる。
ポスターの写真はハービー山口氏の作品である。
このポスターを観ただけで行きたくなる。。
同級生でもある
友達のクリエイター三浦くんが中心になって企画したこの写真展に
多くの人が賛同し、私も声をかけてもらい
写真を出展参加させてもらうことになった。笑 ←ホントですか
有言実行とはまさにこのことかと思うほど
彼らの行動力には感心する。
『 世界に繋がる写真と魂 』このテーマに心揺さぶられる。

名だたるフォトグラファーの作品がが21世紀美術館に集うことになり
ワクワクが止まらない。参加させてもらえることに感謝。
様々な写真を通して、垣根のない世界観がかいま見れるに違いない。

photographer is ...

ハービー山口
テラウチ マサト
大和田 良
吉永 陽一
一色 卓丸
Nikosono
苗加 和穀彦
高橋 俊充
水野 直樹
湯浅 啓
大垣 善昭
あおいとり

Nikon Df_userGroup_fusion
AKAGI Koichi feat. #‎GR_meet_japan
Art Directors, Designers, Artists, living in Hokuriku region
Kanazawa italian chef owners club
and Instagramfriends

PRESENTED BY #‎RAWGUNS 
TOTAL PRODUSER : MITSU NAKAGAWA 
HEAD PLANNER : TATSUO MIURA 
DIRECTOR : HITOSHI HARA 
POSTER DESIGN : Nikosono 
Posters Photography : ハービー山口 

写真展連動上映企画 

第87回アカデミー賞 
長編ドキュメンタリー賞ノミネート
映画
【ヴィヴィアンマイヤーを探して】←観たいと思ってた
KHORINBO109 シネモンド 
1/30(土)〜 2/12 (金) 
毎日18:30〜 鑑賞料金1700円
写真展入場チケットをご提示いただくと400円オフにてご鑑賞いただけます。←コレ嬉しい
2月6日 15時よりギャラリートークショーもあります。←興味津々
さて私の写真の準備をいい加減に終らせないと。。(まだ出来てないのか)
私の写真はともかく。(おいおい)
是非とも冬の金沢の21世紀美術館へお越し下さいませ。

2016年2月2日〜2月7日

金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA
写真展 Connectin "Soul" style 
入場料金 800円(2回入場可能) ←2回って相当嬉しい
 
Connect in "SOUL" style ←(click!)
金沢21世紀美術館 ←(click!)

 
| ちょっとドキドキ | comments(0) | - | posted by maarunchu
新年快楽めでたしめでたし。 12:33







新年あけましておめでとうございます。
慌ただしく
そらもう慌ただしく一年を駆け巡った気がする。
ブログの更新もままならぬほどいろんなことがあったりして
こんなに1年てあっという間だったかと思うほどに。


いろんなご縁を頂いていろんな挑戦が出来た去年。
今年はきっと更にStepアップしたいと。。。。思っとります。笑






今年は本気を出すってゆーとりますが
決して手を抜いていたわけではなーく。
更に手を抜かずしんどいこともたくさんあったけど
多分今年もたくさんあるだろうけど
めげずに笑って突っ走りたいなぁとおもうわけで。


昨日は毎年恒例のまあるのお年玉で映画を観る夜。
スターウォーズを観たかったのだけど
まあるが前後のつながりをイマイチ理解出来てないのを懸念して
007をセレクトしまして。


年末にさいたまに遠征していたこともあって
疲れが一気にやって来たあいつ。
私が今まで一緒に映画を見て来て初めて爆睡しておりました。ww
私が同じように元旦映画で爆睡することは何度かあったけど(何度かって)
映画オタクのまあるがほとんど寝ていたというのが可笑しくって可笑しくって。
アイツの和太鼓人生はコレからも続くであろうから
陰ながら応援して行こうと誓ったのであった。


とにもかくにも
『めでたい』は自分で作って行かねば。

どうか今年もご贔屓に!

Best wishes for a successful and rewarding year.

 
| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
いぶきさらさライブ in Fratinoやります! 23:20





ヴォーカリスト伊藤大輔が
これまたナイスなユニットで金沢に帰ってきますっ!

『いぶきさらさ』
2014年2月結成。
ジャズトランペット奏者でもあり作曲家でもあり!
鍵盤ハーモニカ奏者の山田友和と
ヴォイスソロでもおなじみのヴォーカリスト伊藤大輔との声と鍵盤ハーモニカ
互いの息吹を折り重ねながら音を紡いでいくユニット。
2014年8月、1st Album「手と手」IBSR-0001/ ¥2,000 リリース。
ダイジェスト試聴はこちらから↓
http://youtu.be/-MBvrmL4i64


1st Album 『手と手』をひっさげて・・・ 笑
フラティーノにやってきます。


2015年 8月27日 木曜日

季節の食堂 Fratino フラティーノにて
open 19:00 start 19:30より
charge 2,500 (ワンドリンク付き)

当日はスペシャルなフードも用意しておきます!(今企画練ってるところです)

お誘い合わせの上是非!
ふたりの素晴らしい音楽をお楽しみ下さい。

お問い合わせはコチラとコチラ。

季節の食堂 Fratino フラティーノ
石川県金沢市駅西本町1-304
◆ PHONE 076-207-4509


■ Mail   smokyrainman@yahoo.co.jp

 
私たちの大好きなフラティーノさんが
今月で営業をやめてしまうとのことで慌てて店に行き
元々3年のするつもりだったのですと聞いてはぁああああとなった私です。くすん。
ならば!!彼らのライブをフラティーノでしたい!!と思い
その場で懇願。即快諾と言う運びになったのであります。(ああ凄い話だ)
というわけであの素敵空間で伊藤大輔と山田友和が奏でるハーモニーは
みんなの記憶に深く深く残るものになると思います。
是非ともお越し下さい。


それとフラティーノさんでは建物解体までのあいだ(秋かな?)
週末イベントをしたいと言う方に場所を提供してくださるとのこと。
夢の一日カフェも出来ますよ!
(厨房やお皿などもお借り出来るなんてありがたい企画でしょう)
まずは問い合わせてみてはいかでしょう。
写真展がしたい!とか個展を開きたい!とかワークショップをしたい!とか
使い方は様々。いろんな使い方が出来る素敵な提案。

だったらライブの予約は?お問い合わせの電話番号はどうなるの?と言う方。
ご安心下さい。ちゃんと繋がりますので。 
あの美味しいフラティーノのご飯が食べられるのは
残りわずかです。。
水曜日と木曜日と土曜と日曜日の4日。
きっといつもの優しい笑顔で迎えてくれることでしょう。
いつかきっと違うカタチであの家族に会える日が来るはず!
その日が待ち遠しいアタシでした。

閉店のお知らせ

これまで皆様のご厚情をいただいて営業を続けて参りましたが
建物解体に伴い、来る6月28日(日曜日)をもちまして
食堂としての営業を終了させていただくこととなりました。

5月 6月はこれまで通り食堂として営業を続け
その後建物解体まで、週末のみイベントやカフェとしての営業を続ける予定です。

又詳しい内容は改めてご案内させていただきます。
3年半余り皆様にご愛顧頂きましたことに心から感謝申し上げます。

取り急ぎご連絡と御礼まで

FRATINO 店主


 


 


 
| ちょっとドキドキ | comments(0) | - | posted by maarunchu
let’s go to spring camp! 其の弐 20:44






キャンプの朝は早い。
んでもって朝起きたらね
朝ご飯の準備が始まるわけで。
薫製しようかねぇと薫製マシーン?登場。
なんだなんだこれは。w






コールマンのホットサンドプレスでホットサンドを作ってくれたよ。
ええなぁええなぁこんな朝ご飯ええなぁ。





んじゃあったかいもんでも作ろうかねぇとお湯を沸かした。
ビアソーとパクチーとソーセージともやしとショートパスタ。
鶏ガラスープとマジックペッパーソルトとナンプラーで
キャンプでエスニックスープ完成。
器を持った人が並び
アタシがそれを受け取りスープを入れる様はまるで・・・
タイの朝市のおばちゃん。笑





ひゃぁ〜〜燻されたベーコンが照りっ照りよー!!!





朝ご飯も済むと早速ハンモックの取り合い。





今回初参戦の家族ともすっかりなじんで
幸せな家族の風景を思わずぱちり。





ダッチオーブンでパンが焼けた!
何そのクオリティ!
焼きたてはシアワセの味!
ガーリックオリーブオイルにちょいつけて岩塩ぱらりん。
激ウマやぞいね。





たけのこ掘りに行ったみんなが
わっさと持って帰ってきてタケノコの刺身と
タケノコご飯を仕込んでた。w
タケノコご飯が出来るまでアタシは竹を削って竹箸制作。
自分の新しい才能を見つけた気分。割り箸じゃないぞ。
竹箸だ。大事に使うんだぞー!(もはや工房と化していた)


ダッチオーブンではアップルパイが焼き上がり
シナモンが利いてウマウマですがな。





キャンプ場のすぐ横は海水浴場。
何とも気持ちのいい場所だろう。
いろんな思いが浄化される。うーんこの錆がたまらん。





釣りに出かけたみんなが戻ってきた。
キスを釣り上げた子供がめっちゃ嬉しそう!大漁だー!(釣れただけで大漁と叫ぶんやけどね)
すごいじゃぁん!と褒めちぎる。





なんと子供たちにウロコ取りを教える。





自分が釣ったものを調理し頂くと言う食育。感謝して頂く。
子供たちはスーパーで売ってるパックに入った魚ではなく
さっきまで泳いで生きていたものを食べると言う事を
ためらう事もなく。





まるでゴーストのデミ・ムーアのような光景。w
自分のパパではないよそのウチのパパが
丁寧に指導する思わずニンマリな光景。





真剣そのもの!






まだ小学生にもならない可愛子ちゃんがパパの助手でお好み焼きを作る。





おませさんな女の子。





お父さんのお手伝いも慣れたもの。
何とも平和な絵じゃないか。





大阪出身のはっちはホント料理上手で
キャンプには絶対欠かせないシェフ。w
美味しいご飯沢山作ってくれた。





出てくるお好み焼きが上手すぎて驚く。
このあとはっちはお風呂を諦めてみんなの分のお好み焼きを
一人で黙々と焼く羽目になる。





釣ったキスを(あんなに小さいのに)三枚におろして
ガーリックオイルで揚げる。
食べる権利は釣った子供。





18時30分頃
待ちに待った夕暮れが来た。
樹々の間から夕陽が顔を出す。
ヤバい、テンションあがる。

今だ!と言われ
カメラを持って海へ走った。
夕暮れ待ちの人がどんどん来る。





海に沈む太陽が映り込む。





その時をまっていた見知らぬ女の子がシルエットになる。(お背中頂きます)





この1週間いろんな事がありすぎて
ないアタマであーでもないこーでもない
どーーしたらいいのかなぁと悶々としながらの
キャンプに突入したわけで。
こんなときにキャンプ?と言われそうだけど
こんなときだからこそオフのスイッチがどうしても必要で
気を許せる仲間と過ごす時間が
縮こまってた自分に元気をくれた気がする。
一人じゃないんだって思う事にした。

行ったり来たりと出入り激しいキャンプだったけど
その距離はちっとも遠くは感じなくって
誰もが家族と過ごす時間にシアワセだなぁって思えた
必要だった非日常。


さてまだ余韻が残るけどすっかり現実に戻ったけど
仲間っていいねぇ〜って激しく思った
正しい休日の過ごし方。

さ。また頑張って働きますか!
この時間をまた過ごせるように。


I'll go to a camp by everyone!
 
| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
let’s go to spring camp!2015 其の壱 19:04






毎年恒例になりつつあるGWロングキャンプ。
普段はなかなか家族との時間が取りにくい多忙なメンバーの
一年に一度の家族サービスと言う名の
とかなんとか言っちゃって大人も思いっきり楽しんじゃう
愉快で可笑しい美味しい休日。
今年は羽咋の大島キャンプ場へレッツらゴー!


全員でテントを立ててターフも立てて買い出し行って。。
お約束の手作りガーランド。これがないと始まらん。





そしてキャンプと言えばハンモック。これテッパンね。
子供たちはこれでひたすら遊ぶ。
テレビを観たいとも言わずにとことん遊ぶ。





どんどん増えるアウトドア用品。
ウチもそれ買おうかなぁ、いいよなぁって感じで
気がつきゃ展示場みたいになる。それくらい年々揃う感じ。
アタシも欲しいモノがどんどん増える。
なかなか買えないけど。持ってるみんなに甘えちゃってる。w





千代ちゃん家から仕込んできてくれたおっきな豚肉の塊!
ダッチオーブンでじっくりじっくりロースト中。





きゃほーい!熱々のニンニクたっぷりのソースをかけて完成!
うまーーーー!!休日だものニンニクの匂いなんてへっちゃらよー!!





そして今回の飛び道具。
たい焼きマシーン。w しかも二個あるし!
可笑しくってお腹が痛い。





なんだろうなぁ。たい焼きをお店や屋台じゃないとこで食べた事って
ないなぁ。ないわぁ。しかもキャンプで。
あんこにチーズのっけてみたりとか!





でけた。うわぁ、ほんとにたい焼きだ。w
いい匂いがしてるー!あつそーだー!





たい焼き隊長のしおっちゃんが
今日初めて焼いてみたけど出来るもんやねと言うから驚く。初めてって!
あつあつでおいしいいい!







姉妹でアタマとしっぽから同時に食べろと要求する大人たち。w





大人も子供もたい焼きと記念撮影。あがるわぁこれ!






あっちぃ!(だろうねえ)





モンチッチのモチオもご機嫌だ。
このモチオったらツエーゲンのユニ着とるね。
ん?あれ?これって。。
『あ、僕作ったんスよー、ちなみにリュックもね!』ってタロちゃんが言うではないの。
なんつークオリティ。女子か!(いや、今時の女子はこんなもん作れんな)





ちょっと手が空いてる大人を取っ捕まえてはハンモックを揺らせと言う
しかもこのハンモックもはっちの手作りだ。。
なんだこのメンバー。明らかに女子よりマメ!





なぜかあおがされるいぶき。女子強し。





酔っぱらいのカメラマンに岩塩を撮れ!と言われて暗いのに頑張って撮った。w




ここんとこのお約束の空豆を炭火で。これがまたたまらんのだわ。




キャンプインしてずーーーーーーっと仕込んでたボロネーゼのソースで
絶品パスタ。あのねぇ。。。赤ワインでじっくり煮込んだボロネーゼが美味しくないわけがない。
そしていい塩梅のアルデンテのパスタ。まあるは美味しすぎておかわりしまくりだし。
シェフがいるキャンプは最高だ。(ほぼカメラマンとデザイナーじゃないのさ)


そうこうしているうちに酔っぱらった大人は一人ずつありがたくなって
自分のテントに戻っていったのであった。あーしあわせ。

まだ一日目だってのがウソみたいだ。

続く。






 
| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
Benediction~NAIL PERFUME OIL~ 19:06





1月ももう終わると言うまだ肌寒い頃メッセージが来た。
ネイルパフュームオイルを作るので協力して欲しいと。
ネイルパフュームオイル?
正直耳にした事のないカテゴリだったのは
言うまでもない。w
それでもアタシはかしこまりー!と簡単に
そりゃもう・・・簡単すぎるほどに承ってしまった。笑






それから怒涛の打ち合わせが始まり
一ヶ月でカタチにすると言うミッションが始まった。
そう、当初は2月の終わりには納品と言う無謀な・・・企画だったのだ。
 




ブランディングするというミッションは
一言で言うとクライアントの想いをカタチにし
どうすればエンドユーザーを満足させれるモノになるかという
重大ミッションである。
企画が進むにつれあれもいるね、コレも必要だ、そうそうコレも作らねば!という
迷ってる暇など全くない、ジェットコースターのような日々。






ロゴ作成に始まり
ロゴの登録商標やらなんやらと次々に襲いかかるこれでもか攻撃を
それでしたらそれでしたらと新しい視点で乗り越えると言う
非常に苦しくもあり、それでもカタチになるにつれワクワクが止まらない
そんな楽しい作業だった。
 





たくさんの想いが詰まったこの商品は
まるで我が子のような気持ちになるのも無理はない。涙







 

『 Benediction〜ベネディクスィオン 』と名付けられたネイルパフュームオイル。

フランス語で『祝福・天恵』という意味。

主原料は石川県産の希少な「珠洲椿油」
石川県の奥能登・珠洲市に自生している、
ヤブツバキから採取した種子の一番搾りは、
オレイン酸がたっぷり含まれた天の恵みです。
潤いの一滴が爪と指先にふっくら浸透します。

ブランドカードにはクライアントの想いがぎゅううううっと詰まった
まさにラブレター。
このミッションは贈る人贈られる人の想いに添った愛おしいモノだった。






ようやく3月22日待ちに待ったお披露目会。
商品化する事の大変さと喜びをこんなに味わった事があっただろうか。
香りの記憶とはどんなものか。
祝福と言う名前のベネディクスィオンとはなんなのか。
自分に祝福を贈る習慣という事の意味
深く考えたこのミッションは
アタシの今後の人生において重大なメッセージを
くれた気がしてならない。


祝福とは、しあわせを喜び祝うこと
幸運を祈ること
神の恵みが与えられること
つまり、貴女の存在を喜びこと
貴女の幸運を祈ること

貴女の幸運を祈ること
貴女に神の恵みを与えること

貴女の指先を、大地の恵みで潤し
貴女のこころを、花の恵みで癒やし
貴女自身が自分を労い、愛し、大切にすること

それは自分に祝福を贈る習慣
自らが、日常を特別な佳き日にするために


Benedictionのパフュームは、
合成香料は使用せず、
天然のエッセンシャルオイルのみを厳選調香。
ダマスクローズなど2種のバラをメインとし、
ゼラニウム、ジャスミン、ネロリなどを
贅沢に配合しています。

桐箱入りネイルパフュームオイル (2.8ml)
1箱 4,000円(税別)

3箱から送料無料です。
ご注文はこちらからお願いいたします。
https://v9.rentalserver.jp/wordrobe.biz/inquiry/index.html

※お支払いは銀行振込のご案内をお送りします。
※備考欄に希望数量をお書き添え下さい。

原料が希少ゆえ、数量限定品です。

ただいまよりご注文受付開始となります!

ただし完売となりました際には、
次回のご予約となりますことをご了承ください。

WORDROBE×いしかわ文香

香りに包まれる一日イベントを開催します。どなた様もお気軽にお立ち寄りください。

■日 時:2015年3月22日(日)午前11時〜午後5時30分

■場 所:ホテルトラスティ金沢香林坊 
    一階プライベートルーム

■参加費:入場無料 


■開催内容

WORDROBEのネイルパフュームオイル
【 Benediction 〜 ベネディクスィオン 】
お披露目&お試し会

珠洲産のツバキオイルと
贅沢な花々のエッセンシャルオイルだけで作った、
特別なネイルパフュームオイルを
この機会にご体感ください。

皆様のお越しを笑顔で心よりお待ちしております。

贈りたい、贈られたいとう気持ちが湧くネイルパフュームオイルが
貴女の元に届きますように。
このプロジェクトのチームに選んでくれたことに
心から金沢の中心ででっかい声でメルシーーーーーーーー!!と叫びたいアタシがいた。



 
| デザイン | comments(0) | - | posted by maarunchu
TORUTOCOでうれしい今日を、撮ろう。 22:24




縁とはとっても不思議なもので
同じ金沢にいても
共通の友達がたくさんいても
点と点で終わる事が多い。
それでも
ふとしたきっかけで写真を撮る事が好きと言う仲間は
その点と点が線になる事が多い気がする。
ちょっとしたきっかけで。
そのきっかけだったのがPhotoback Awardで
その年の受賞者に石川県から3人入ってて(なぜかアタシも入っちゃって)
お互いが同じ町に住むという点が線になるのは
そんなに時間はかからなくって
程よい距離感と安定感を持った仲間になった。

 




共通の友達が増えて
金沢に遊びにくる人も増えて
おもてなしをする事も多くなった。
そこで出会った東京に住む友達からお祝いの観葉植物を頼まれて
セレクトしたのがこのセローム。






そうなの!我らが『トヨさん』こと記念写真撮影家 ナガノトヨカズが!
最高のハレの日を撮ると誓って映像クリエイターだった彼は会社を辞めて!w
念願の写真館を作っちゃった!

どうしよう!ワクワクメーターが振り切れそう!おめでとう!
このイカした空間で何かしたくなる。何でも出来そうな気がする。
そしてそれはきっと
みんながHAPPYになる。そんな気がしてならない。

 



 

うれしい今日を、撮ろう。
TORUTOCO
PHOTO STUDIO & COMMUNITY

2015.APRIL OPEN!






なんとチェキで撮った写真を入れるレザーケース!
ここには他にはないわぁーお!なテイストがゴロゴロしてる




左官屋になれるんじゃないかっていうくらい頑張ったペンキ塗り。
もうしなくていいね。w お疲れさま!

庭先にはおっきなオリーブの樹が植えられて。
垣根はこれから育つであろう月桂樹と白樺。足元にはローズマリーやタイム。
どれもこれも手をかけなければいけないものばかり。我が子のように育てるに違いない。




 

笑った日を、
覚えているほど
人はシアワセだ。

はじめて自転車に乗れた日。キライな食べ物を食べられた日。
テストで100点をとった日。大好きなあの娘に告白した日。
嫌な上司を思いきり引っぱたいてスッキリした日。
失恋からカムバックした日。ともだちと仲直りした日。
プロポーズが成功した日。数十年ぶりに妻とキスした日。
町内ののど自慢大会で優勝した日。人生をもう一度歩き出した日。

生きていると、 他の人にとってはどうでもいいような、
だけど自分には特別な記念日=小さなハレの日が 何度もあったりする。
思わず自分にブラボー!と拍手をしたくなる
シアワセな瞬間がいっぱいあったはずなのに、
どうしていつの間にか、人は忘れてしまうんだろう。

あなただけのささやかな、そして最高のハレの日を、
写真に撮って残すのが写真館「TORUTOCO(トルトコ)」です。
笑った今日のことは、
何十年後のちょっぴり泣きたくなった時、
ふんばらなきゃいけない時に、
きっとあなたを勇気づけ、光で照らしてくれるから。

TORUTOCOで、 うれしい今日を、撮ろう!






ナガノトヨカズといったらこちら。←(click!)


これからますます目が離せないねー!
これからもヨロシク!


 
| ちょっとドキドキ | comments(0) | - | posted by maarunchu
From that 20 years 23:32





時が過ぎるのはあっという間。

平成7年(1995年)1月17日午前5時46分
淡路島北淡町野島断層を震源とするマグニチュード7.3という
あり得ないほどの災害をもたらした
阪神・淡路大震災から20年が過ぎようとしている。


アタシが初めてバリ島へと旅立つ為に
金沢駅へと家からガラガラとキャリーを引っ張っていた時間だ。
名古屋空港までのしらさぎを待つも一向に駅には来なかった。
6時半を過ぎてもやって来ないアタシたちの前に鞄を肩まであげた人が通る。

『しらさぎ待ってても来ないよ、俺ここからの運転手だけど帰るし。』
その彼の一言でようやくこのままではいけないと悟り
すぐさま切符を払い戻し、高速バスの切符のチケット売り場に行った。
もう既に走り出していた高速バスを停めてくれて
アタシたちはとにかく名古屋空港へと向かうしかないと飛び乗った。
もちろんそのまま乗っていてもフライトには間に合わない。
旅行代理店に電話をかけてやっとつながったときに
一宮で降りてタクシーで空港に向かえとのアドバイスに従い
無我夢中で走った事を思い出す。


次第に状況が伝わって来て被害の凄さに驚きながらも
フライト20分前に空港に着いて走り倒して飛行機に飛び乗った20年前。
一足先に行っていた仲間たちは
バリでもトップニュースでその事は報じられていたから
アタシたちがホテルのロビーについた時の顔は今でもハッキリ覚えてる。
本当に奇跡のタイミングだった。

 
非国民と言われるかもしれない。。と思いながらも
一生忘れる事の出来ない初海外になった。

 
あの凄まじい震災を体験した多くの人々が
大切なものを失い、住むところも失い、家族までも失い
心まで壊れてしまいそうになった。
被災地は歳月を重ねて復興を遂げたかのように見えるが
家を失った被災者が住む災害復興住宅では高齢化や孤立化が進んで
いまだに傷跡は消えていない。

それは東日本大震災でも同じ事が言える。
建物の復興だけが進んでも心の復興はまだまだ先なのだ。
本当に必要で求められるものは
もっと具体的な復興支援のプランであり、気持ちを前向きにする具体策。
被災者ひとりひとりが
それぞれのシアワセを追い求める事が出来るようにすること。

それが出来なくては何も始まらないのだと
皆が知るべきだと思う。

今もなお、本当の気持ちを言えずにいる人々が沢山いる事を。

被災者の方々が心から笑顔で笑える日が来る事を
心からお祈りいたします。

 
| 大切なこと | comments(0) | - | posted by maarunchu
<< | 2/194 | >>