Create Box maaru?笑えない人生なんて意味がない!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
そうだ、福島へ行こう。其の壱 22:28





仲間がいつも福島へ行っていた。
あの忘れもしない震災、3.11のあとから何度も何度も。
その話を聞くたびにいつか行きたいと心から思っていた。
アタシにも何かできることはないかと。


GWのさなか。アタシは富山の浜黒崎でキャンプをしていたのだが
キャンプを一泊にし土曜の夜から車で福島に向かうことにした。
ハードでタイトなスケジュールだったけど
この機会を逃してはいけない気がして。


実は土曜の夕方キャンプ場で足をグニッと捻り
ヤバイ、捻挫か?とドキドキしながらの福島。
いわき市の鹿島神社の例大祭で神輿の担ぎ手が欲しいとのことで
お祭り人間のアタシは神輿!?担ぐ担ぐ!と地下足袋買ってまで。笑


最初は平気だった右足首。迎えに来てくれて車に乗り込んだあたりから
痛みがまして。。。血の気が引く。笑 アタシは一体何をしとるんだ何をー!!
車内で実は捻挫したと打ち明けると。。

「あ?マジ?湿布あるよ!」と神様が居て(本気で神様かとおもた)
普段大事なもんでも持ってこない塁くんがまさかの湿布保持者。(T_T)
けれど湿布を貼っても痛みが取れず痛くて寝ることも出来ないまま
福島に着いたわけで。。。のはずが!
着いたら歩ける。痛みがかなりないことに気がつく。
やはり神輿を担ぐために来たのねアタシって!!とテンションも上がる。





法被を借りて豆絞りをくるくる巻いていざ!
なんて言うのかしら。男気あふれるお方がわんさかわんさかいてですね。
男はふんどしだぜ的な。目のやり場に若干困りつつも
言葉は荒いが優しい方々に混じりまして。お神酒も頂き。





さぁ出発だ!





哀愁すらも感じる後ろ姿にドキドキ。
そう、法被姿は後ろ姿が絵になるんだわね。かっこいいー!





重い重い神輿を神社から出す。





ちびっこだってお祭り気分ガッツリ。





えっさ!えっさ!えっさ!の掛け声とともに練り歩く神輿。





慣れてる地元の人達の華麗なる神輿ステップ?はちょっと感動する。





近くの子ども会もモチロン参加。いわゆる子供神輿かな。





オトナの担ぐ神輿に魅入る子どもたち。





えっさ!えっさ!えっさ!子どもたちも一生懸命。





塁くんはカメラマンで参加だけどせっかくだから担ぎに行ってこーい!とカメラを預かる。





誰もが笑顔で重たい神輿と向き合う。
こうなったら石川も福島も関係ない。助っ人気分じゃつまらない。





カメラを肩にかけてアタシもえっさ!えっさ!笑  日本人は祭りが好きだねぇ。


続く。



 
| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
スポンサーサイト 22:28
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>