Create Box maaru?笑えない人生なんて意味がない!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
LOVELOVELOVE KYOTO 23:48





京都に行くときは大抵一人だ。
一人といっても京都には友達がたくさんいるし
会いたい人もいるから
行きと帰りが一人なだけで
さほど不安もなく
京都の地下鉄だけはなんとか一人で移動ができる。
地下鉄文化のない金沢にいると
電車に乗るっていうだけでワクワクしちゃって
たまらんのだ。


今回の京都は大好きな友達の結婚式のためで
しかも前日に前乗りしてホテルでブーケを作るという
ゴイスーなミッションがあった。


結婚式は日本人なら誰しも忘れることの出来ない
3.11だった。
しかも披露宴のレストランのオーナーは
福島から被災してきた方で
この日を決めた時
「その日を笑顔でむかえて、希望の日にしたい」と言って下さり
喜んでパーティを引き受けてくれたという。


そんな二人のお祝いに駆けつけたいと思うのは
アタシだけじゃなかったはず。
そしてホテルを予約をしようとしたが
どーーーーーーーしても予約が取れない。
諦めかけた頃その姿を見ていた友人が
その日は第一回京都マラソンの日だから
ホテルは全て押さえられていると言うではないか。
オーマイガー。
諦めかけたアタシに一本のメール。
他人事なのに火がついた?友人は
ありとあらゆるルートでとうとう京都マラソンのサイトから
近畿日本ツーリストがエントリーしている人と応援者のための
宿泊施設を予約できるサイトを見つけてくれて
「すぐ予約して!!」と。笑


持つべきものは友なのだ。号泣


宿泊客はほぼジャージの人で 笑
なんとも愉快な京都の旅になったのだ。







ホテルにチェックインを済ませ
遊びに行きたい衝動に駆られながら?
部屋で黙々とブーケを作り
作り終えて、さてご飯でも食べに行こう!とホテルを出て
友人からの電話で晩ご飯は一人ではなくなり
久々の五十家へ。←(click!)
野菜をモリモリ食べお互いの近況報告を弾丸トーク。
「変な店があるから行こう!」と
連れて行かれたのが缶詰バーmr Kanso。笑 (そりゃもー速攻click!)

システムは至って簡単。
好きな缶詰をチョイスし店主に渡して調理方法を決め
キャッシュオンデリバリー。
ドラム缶の上に運ばれる愉快なお菓子な缶詰料理を
好きなお酒とともに頂くという。
この店はまた行きたい。楽しいから。
出来れば酔っ払った状態がイイ。(行けばわかる行けば)


そして程良い?ありがたーくなってホテルに戻り
朝になったらマラソンランナーはすでに京都の町を走っている時間で
大浴場は貸切状態というツイてるノッてる状態で 笑

作ったブーケを手に持って伏見稲荷へ向かった。





久々の伏見稲荷はやっぱ好きな神社だ。





千本鳥居は圧巻。
絶品の鴨南蛮うどんも堪能したりとしばし散策。






可愛らしい異国のゲストも。







ここで手を洗い口をゆすいで。






可愛い女の子が一生懸命手を伸ばす姿が微笑ましかった。


そして今回のもう一つの目的といっても過言ではない
会いたかった家族に会いに枚方まで行き←(速攻click!)

100%号泣される覚悟で(人見知りなのよ今特にね!)可愛い彼女に会いに行った。





目にいっぱいの涙を溜めてアタシを見つめる詩ちゃん。笑
人さらいではないよー!!!
3分ぐらいは奇跡の抱っこが出来た。泣かずに。笑
ありがとね〜ー−−−!!!!


そしてでこ兄が撮ってくれた奇跡のショット。号泣←アタシがな






見つめる詩ちゃん。泣いてない!!かわゆくてたまんない。連れて帰りたい。。
そして詩ちゃんがマジで号泣五秒前な展開を迎えたのは言うまでもない。トホホ



1時間ほどの短い時間だったけど
枚方のスッテキなカフェに連れてってくれて。
初めましてだったのに素敵なおもてなしを受け
後ろ髪引かれながら駅でさよなら。
今度は必ず金沢でねと約束をして記念撮影。
でこ兄のカメラで詩ちゃんのママ めえちゃんと。





嬉しくってたまんない満面の笑み。こういうのってすごく嬉しい。
普段撮るばっかりでこういう時自分が友達と写ってるっていうの
殆ど無いから。照れくさいけどキュンキュンした。ありがとね!





んでもってめえちゃんがでこ兄のカメラで
アタシとでこ兄を撮ってくれた。
でこ兄の胸の中には寝ちゃった詩ちゃんがスヤスヤと。
まるでカンガルーのようだ。笑



ゆうても金沢と大阪。サンダーバードでひとっ飛びよ。(飛ばんけど)
いつだって会えちゃうじゃない?
そう思ったら寂しくはない。
けどしょっちゅう会えるわけじゃないから
こういう奇跡の出会いは大切にしたい。


半端無くタイトでハードな旅だったけど
身も心も満腹になって充電できた旅だった。
そしてアタシは京都へ戻り披露宴会場へとダッシュしたのであった。


シアワセのおすそわけアホほどもらって。
ええ、ええ、そりゃもーね半端無くね。


やっぱ旅はいいね。
そのために働いてもいいわ!と
思える旅なら大当たりなのである。


8日から京都へ修学旅行に行くまある。
おみやげリスト作ってやるか。(誰のためにだ)笑




| 京都はんなり | comments(0) | - | posted by maarunchu
スポンサーサイト 23:48
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>