Create Box maaru?笑えない人生なんて意味がない!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
母の日迫る。。 21:06








もうすぐGWだけど
明けたら気がつきゃ母の日で。
休めるような休めないような。
んでもってなぜかアタシのお客様
働き者が多い!!笑
休まないから休めない〜♪
ええのよ、ええのよ。んなことは。。
がんばりゃいいのさ、感謝して。



今日は新学年迎えて初めての〜授業参観。
ゆうたら普段ほとんど行けないので
この日を逃したらアカン!と思い
昼まで働いて、まかない食い逃げして(こら)
まあるの学校へマッハで向かって。


教室にずかずかーっと入ったら
嬉しかったんかなぁ。。まあるが満面の笑顔で
でかい声で「よっ!!!」
おかげでクラス全員の子供に
「え!!まあるのお母さん??マジで?マジでー!?」←何がマジでやねん
穴があったら入りたい。。。涙
しかもテンションたっかいし。。
チョーク持ってたら間違いなくまあるの頭にぶつけてやろうと
密かにチョークを探した。(残念ながらなかった)


一年生の時のように初々しさはなく
三年生のように危機感もない
中途半端な二年生の子供たちは
くすぐったかった。なんだか。w


帰り際に担任の先生に挨拶して
少し年配の美術担当の女性は
「まあるくん、毎日楽しくて。アタシが元気もらってるんですよ」と言ってくれた。
勉強はできないけど、、、、楽しそうな姿を見れて
今日は行けてよかったなぁとニンマリ。


うーん、授業参観や
PTA総会に顔を出すようなタイプではないと
思われていたのでびっくりされたけど←それもどうなのよ
ほとんどほったらかしだけど w
今日はお母さんっぽかった?(誰に聞いてる誰に)
しかしながら何人もの女の子に
「まあるのお母さんだー!」とか言われたけど
不思議な感じだったなぁ。。笑






| 花屋 | comments(4) | - | posted by maarunchu
やっぱし母には感謝なんだわ。 20:04




クリスマスローズに迫ってみた。



アタシのマクロレンズは
ニコンの55ミリで
マニュアルで1:2。
コレでもかーっていうくらい迫りたいときは
アタッチメントをつけて
1:1にして寄りまくる。



人だったら毛穴まで迫ってしまうから
やめてくれる?と嫌われそうだが。笑



ゴールデンウィーク明けの魔の母の日に
それでも近所の小学生の
かわいらしー女の子と男の子が
小さい手にぎゅっとお小遣いを握り締めて
カーネーションを買いに来る。



もらったお金がちょっと生温かい。
出来上がるまでそばでずっと待ってる姿が
かわいくってかわいくって。
うれしくてたまらないんだろうなぁ。
おそらく母の日が人生のおいて
自分のお小遣いで人に
花を贈るっていう最初の出来事のような気がする。



ハートなクリスマスローズ



不思議と後ろのボケが
ハート型になってる。
なんだかラブリーではないか。



母の日だけが感謝する日ではないはずだけど
なんだか特別なイベントなんだ。
花屋にとってって言うだけじゃない。
改めておかあさんにありがとうと言えるチャンス。
いつもいてくれるから気恥ずかしいけど
母の日だから言いやすいってそんなに悪いことじゃない。


アタシなんてお母さんがいるからこうやって働けるし
生きていられる気がする。
まあるだってちゃんと学校に行けるし・・。笑
感謝したってし足りない。
花屋になってから怒涛のような母の日の連続で
感謝の言葉もままならない。
ごめん、こんな娘で。笑


さて明日の母の日当日
アタシは何をあげようかネェ。
店にあるウサギのアレンジ狙ってるんだけどなぁ。
(喜ぶのはまあるかも?)





さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←お母さんLOVEなアタシですが?笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたら夢の首位から驚くほどがっつり落っこちてるっちゅうねん 爆
| 花屋 | comments(2) | - | posted by maarunchu
母の日近し★今年は5月10日でっせ。 17:06




芍薬



最近めっちゃゴージャスな咲き方をする花と言えば
断然満場一致で「芍薬」と叫ぶ。←叫ばんでもいい


「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とは
美人の姿を形容する有名な言葉。
そら美しいはずですな。



芍薬には和芍薬と洋芍薬とあって
このタイプは洋芍薬。
フランスで品種改良されたらしいがめっちゃジャパネスク。


はっきり言って咲いたら早い。
あっという間の短い命。
でもその短い期間にどの花よりも
気高く咲き誇る。
潔い咲きっぷりに拍手。


今年の母の日は
実はすっごい花屋泣かせの日程で
GW明け間もない母の日は
何年かに一度やってくる「忘れられる母の日」なのだ。



毎年5月第二日曜日と覚えている人
実はそんなにいない。笑
そう、今年は5月10日。
え?17日じゃないの??と大抵過ぎてから
「あちゃー?」と思ったりするのだ。



アタシといえば5月16日17日と
披露宴二日連続という胃に穴が開きそうな
肝臓壊しそうな?スペシャルイベントを控えてるため
母の日だということを口にしない・・・
商売っ気のない花屋だったりして。。←こら



官能的な芍薬



やけに色っぽく官能的で迫力のある芍薬に撮れたワケで。
あんたそれでも花屋なの!?とでも言いたげな
(というよりは、どうよ、どうなのよ的な?)



あいすいません。予約承り中でございます・・。笑
あるのはヤル気です。←どうだかなぁ??


今日は子供の日〜♪と歌を歌っていたまある。
そうだねぇ〜っと終わらせたアタシ。笑
こんな母に母の日は来るのだろうか。←無理じゃね?




さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←なーんとかテンションあがってきたアタシですが?笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたら夢の首位から驚くほどがっつり落っこちてるっちゅうねん 爆
| 花屋 | comments(0) | - | posted by maarunchu
Flower Box maaru? 19:52




Flower Box



先週の木曜日
アタシはとあるフレンチレストランへ
配達に行った。
シェフからマダムへの
誕生日プレゼントを持って。


アタシはうーんうーんとうなりながら
花屋にある靴箱のような箱を思い出した。
アタシは箱フェチなので
花屋にはさまざまなお菓子の箱や
使えそうな箱をストックしてある。
ほとんどがアタシに解体されて
メッセージカードに進化するのだが。
この箱だけはどうしても解体できずに
そっと隠しておいたのだ。



箱の中にセロファンをいれて
オアシスを敷き詰めて
春の花をたっぷりと敷き詰めた。
これぞ〜Flower Box maaru〜である。笑



Flower Box?




そーっとそーっと運び
レストランのドアを開け
「お誕生日おめでとう!はいプレゼント。シェフからですわ。そっと持ってね」
驚くマダムにアタシもシェフもニンマリ。
もちろんシェフも中身は知らない。
おそるおそるふたを開けると
一面花花花。


オーダーしたシェフも満面の笑み。
いろんな仕込みもあってマダムは更にびっくり。
「えええええーーー!すごいーーー!嬉しい!ありがとうkazuさん^^」
そして一言。
「生きててよかった〜♪」←大袈裟


あげた人も嬉しい
もらった人も嬉しい
作ったアタシも嬉しい


この三つが揃うと花屋的にミッション完了。
この笑顔を見るために花屋であり続けたいと思うわけで。



ドラマは役者だけでは出来ないって実感する。



シアワセのおすそ分けを
たーくさん頂いたちゃっかり花屋。
うれしい楽しい大好き!なお手伝いが出来て
ご満悦の至福の夜だった。



笑顔であふれたこの日のワインは
格別なものになったのであった。笑←棚からぼた餅?



さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←かなりアートに触れたアタシですが?笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたら夢の首位から驚くほどがっつり落っこちてるっちゅうねん 爆
| 花屋 | comments(4) | - | posted by maarunchu
リースを作ろう!の巻。 20:32



リース!



実は今度の土曜
アタシとある会場で「講師」なんてのに
なるのである。
クリスマスリースを作ろうってんで
とある町会の奥様達を前に
おしゃべりを。←違う



受講生を募るためのチラシ用に
サンプルリースを作った。
予算やら時間やらなんやらかんやらの規制で
キッチンリースをクリスマスっぽく。
ラフィアの赤でクリスマス。笑


ワインのコルクや洗濯バサミ、ピックをつけて
ナチュラル感を出してみた。
基本長持ちさせたいので生のものはグリーンだけで。
紅ヅルを土台に。
シルバーの丸い珠がキラッとアクセント。



うーん。次の日がsaoryの結婚式で
ブーケは作るし写真は撮るし次の日合間に撮影も入ってるし・・・と
思考能力にまったく隙間の無い今。
土曜日の講習会を無事に乗り切れるか。
いや、乗り切る。
乗り切らんといかんだろ。
(落ちつけ)


オーダーでリースの注文も入ってるし。笑
毎年いつも泣きそうになる12月。
毎年毎年毎年。笑



そんなアタシの
最近のひそかな楽しみは
航空券の検索。(夜逃げでもするのか?)
いいじゃないかそれくらいの楽しみがあったって。
(検索の?)


早く正月が来ないかなー。(クリスマスはどこいった?)


さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←もーーーーーーーーーーどっつかれですが?★ 笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたら夢の首位から驚くほどがっつり落っこちてるっちゅうねん 爆
| 花屋 | comments(4) | - | posted by maarunchu
花束を贈るということ。 23:14




真っ赤な花束



友達から花束のオーダーは
さして珍しいことではない。
花屋だし。
でも
その都度さまざまな想いがあるわけで。



例えば嫁に贈る花束だったりすると
多分恋人同士だったときより
実は緊張したり
照れくさかったりするかもなぁと。
一緒に暮らしている家族に贈る花束。
サプライズなわけで。
作るアタシもドキドキが伝染したりする。


喜んでくれたかなぁ。
今日のオレンジブラウンな花束は。



真っ赤な花束2



昼近くに一通のメール。
エステサロンをやってる素敵女子からだった。
結婚式の二次会に行くので花束をとのオーダー。
長い文面のメールだったけれど
アタシの返事は『カッケーのにしまーす』←なんだカッケーって^^
そしてその返事の返事は
『カッケーのよろしくです。』


素敵です。ノリが。笑
なにやらヴィトンの看板娘の結婚式とのこと。
クライアントは素敵女子。
スタイリッシュでいきませう。
クリスマスも近いし?
てなわけで
真っ赤なピンポンマムと真っ赤なバラと
実物みたいなバーゼリアとドラセナの花束。
ぴょんぴょんとそけいのグリーンも飛び出して。
わざと長さをそろえて花束のステムを長めに。
ラッピングした姿もかっこよくなるように。


この写真を彼女に送って
『モノトーンの服でモデルのように歩いてる姿をイメージしたよ』と本文。
(まるでホストの口説き文句じゃないか)


花束を取りに来た彼女は
モノトーンでばっちりキメて
モデル気分で歩いたらしい。
想像がつくのが楽しい。



あげる人が持って帰りたくなる花束が
理想だなぁとおもったニンマリ花屋である。
最近ヴィトンづいてるなぁ。笑
happy Wedding Congratulation!



さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←毎日毎日年賀状なアタシですが?笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたらぽちっとにもーすっかり飽きた。笑
| 花屋 | comments(0) | - | posted by maarunchu
初心に帰る。 22:50




バラでブーケ



今日は花市場での講習会だった。
仕事を終わらせて車で市場へ向かった。


デモンストレーションをしてくれたのは
神戸のフラワーデザイナーで
伊地知はじめさんと言う42歳。←歳はいいだろ歳は
神戸三宮という花屋激戦区で華々しく活躍する。


彼の言葉で印象的だったのは
僕が作りたいアレンジメントは
「手にした人に喜びや感動を与えるもの」だということ。
いろいろな職業を経験してきた彼が
自分で作ったアレンジを自分で配達に行きなさいと言われ
とあるおばあちゃんの家にお孫さんからのプレゼントとして
作り上げたアレンジを持っていったら
手にしたおばあちゃんが嬉しくてわんわん泣いたそう。
今まで仕事をしてきてそこまで感謝されたことがなかったという。
『なんていい仕事なんだろう』と思ったのが
おそらく彼の原点でもあり原動力なんだと思う。



アタシも以前同じような経験があり
配達先で受け取った女性に目の前で泣かれたことがある。
そのときまったく同じように思ったのだ。
『あげた人ももらった人も
 作った人も嬉しい気持ちになり点が線になる瞬間』
まさにアタシが花屋であり続ける原動力。



彼のバイタリティと関西人らしからぬ丁寧な語り口に
そんなことを思い出した。
そういうところに引っかかるあたり
初心に帰る必要があるのだなぁとちょっと考えた。



基本
人が喜んでくれてなんぼの仕事だってこと
身に染みたちょっと肌寒いまんまる月夜の講習会だった。



いやー勉強になりますな。
神戸花屋めぐりツアーしたくなった。笑


■ワイルドベリー■(←Click!)
伊地知さんが店長を勤める神戸のお花屋さん。


がんばれアタシっ★←モチベーションあげたいらしい
写真の花束は大好きな彼女の誕生日にサプライズで用意したバラの花束。
バラの花束はぎゅーーっとまとめたスタイルが好きだな。うん。
喜んでくれたかな?←誰に聞いてる誰に


さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←かなりいっぱいいっぱいですが。笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたら夢の首位から驚くほどがっつり落っこちてるっちゅうねん 爆
| 花屋 | comments(11) | - | posted by maarunchu
とうとうヴィトンですけど、何か?! 19:26




ヴィトンですけど。



えーーー。
毎年サプライズなオーダーになることは
覚悟はしておりました。
とあるお客様のオーダーは
いつもアタシにおもろいことをさせてくれるので
わくわくする。
今年はどうしますか!と
なんとミーティングまで。笑


去年はフラワーケーキ。
勿論アタシのフラワーケーキ第一号だった。
フラワーケーキを作ってしまった次の年は
更におもろい今年なきゃインパクト的にアウト。
ネタはいつまであるんだろうなぁ。


ということで先生←この時点で誰かわかる人はわかる^^
クローゼットからヴィトンのバックを出してきた。
あーとうとう来たか。リアルバックのアレンジですな。


別に
ふつーーーのバックでもいいんだけど
あえてのヴィトン。シンプルな白地のヴィトン。
ときたら赤をベースにすると映えるから
赤のバラと最近一目ぼれしたワインレッドのカーネーション。
そこにちょっとおもろい能登のあての枝をアクセントに。
あては能登ひばのことであすなろとも言われる。
ぺったりとした姿がおもしろくてすごくイイ。


今の時期の花フジバカマをとばして
くるくるさせたミスカンサスを最後にいれて出来上がり。


もらった人のえええええー??って言う顔が
目に浮かぶ。
なんでもアリなんだよねぇ。
ケーキ バック ときたら来年どうするんだ??
靴なんてどうです?!



さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←ちょっとどっつかれですが?★ 笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたら夢の首位から落っこちてるっちゅうねん 爆
| 花屋 | comments(0) | - | posted by maarunchu
フラワーケーキ意外と好評。 22:00




弥栄子のケーキ



以前二度ばかり作ったフラワーケーキ。
意外と好評につき
三度目の作成。


4月7日 ひがしの照葉の女将の誕生日に
弥栄子の店の常連さんのオーダー。
以前アタシが作ったケーキをみて
いつか頼もうと機会をうかがっていた様子で。笑


この花の醍醐味は
大きなホールケーキの箱を開けると
ケーキかと思いきや
花だわ!?っていうところなワケで。
それだけなんだけれど。笑


まぁ?意外性も手伝ってというと
ちょっと悲しくなるので
もちろん心を込めて作る。


箱を開けたときの驚いた顔と嬉しさを。
プレゼントって
まるでビックリ箱を開けたときと同じくらい
ドキドキがあると印象深いものになる。


それは金額ではなく
気持ちが嬉しい。
アイデアが楽しい。
そのお手伝いが出来るっていうのも
かなり楽しい。


こんなの初めて・・と言わせたい。
もちろん弥栄子は凄く喜んでくれて
贈ったほうもご機嫌で。
作ったアタシもご機嫌で。


さて次のサプライズはなんだろう。
こんなこと考える時の顔は
当然のように笑顔だから
シアワセな気分になる。


モノ作りってやめられないね。
その先に見える笑顔が
アタシをいつも駆り立てているように思えるから。


お誕生日おめでとう。
アップが遅くなっちゃったけど^^



さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←最近なんだか嬉しいアタシですが?笑 清き1票ぽちっと宜しく★←気がついたらランキングが・・・になってる。。爆
| 花屋 | comments(0) | - | posted by maarunchu
頭の切り替えって大事。 23:21



コサージュ!


いやぁいい旅だった。。。


と言いたいところだが
実際のところは
アタシのPCのストライキ。←うーんこれも間違ってる?

ずぼらなアタシの雑な扱いのせいか
とうとうPCが悲鳴を上げて
うんともすんともいわなくなったのだ。

1週間もPCを使わないという
初めての出来事に←ほんとに旅行なら最高なのに
どんよりどんよりしてしまった。

いかに
自分がPCに依存しているかを深く実感したのであった。
これからはもっと可愛がってあげなければ。
いつもそばにいると思って
タカをくくるとこういう痛い目にあうのだ。
恋愛と一緒だ。ううう。←泣くところが違う


今日は花屋の市場で講習会があり
昨日の再インストールでくたくたになってるのに
必死で目を開けデモを見入る。

発想の豊かさというか
デザイナーとしての力量と自信に満ち溢れた
御歳59歳のアグレッシブな講演とデモは
寝かかったアタシを呼び覚ました。


特別なお客さんだけを満足させていてもビジネスには成り立たない。
毎日訪れる一人一人のお客さんをいかに大事にするか。
それが花屋に求められる一番大事なことだと。

否定からは何も生まれない。
とにかく一度受け入れ
その中で自分のものにすることから始めねば。
今日の講習でいろんなイメージが沸き起こった。
すべてが正しいとかではないけれど
ひとつでも自分の糧になれば
今日の参加は意義のあるものになる。
それもこれもすべて自分次第というわけで。

いろんな姿の花があっていい。
シュープリームにあるシンムラトモコさんの
ブルーのコサージュも
見事な花を咲かせていた。


負けてらんない。
ほかの誰にも
自分にも。


ホント頭の切替スイッチって
自分で入れるもんなんだなぁ。


おいしい珈琲と
素敵な作品がいっぱいのカフェならココ。

《cafe Supreme》
〒921-8025 石川県金沢市増泉3-15-25
PHONE 076-226-3160
営業時間 AM 11:30〜PM 11:00
定休日 木曜日



さて、今日は何位でしょう★人気blogランキングへ♪←やっぱりPC無いとものすん困るアタシですが?笑 清き1票ぽちっと宜しく★笑
| 花屋 | comments(4) | - | posted by maarunchu
| 1/3 | >>