Create Box maaru?笑えない人生なんて意味がない!?

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
旅する音楽&toridoriと畠山美由紀と小池龍平のライブに行くと決めた。 23:38

 

 

時々だけど私にtoridoriのアキラがくれるMessageは
決まってイカした音楽のこと。
今回は彼のイベントに私が飛びついた。w

 

だって畠山美由紀さんだよ?行くでしょー行きたいでしょー行かねばでしょー。
しかも会場がKUMU KANAZAWAと来たら
飛びつくでしょー。限定100名だもの。
私の方から興味あるにまずポチ。イベントページをまずシェア。
のちの私も行きたい入れてくれーと直談判。w

 

旅する音楽シリーズはいつもいつも素敵なラインナップで
いつか行きたいと思ってて。
何が素敵ってこのコンセプト。
『音楽をいいわけに旅に出よう』
一方通行ではなくて主催者側とアーティスト側とゲストたちが
一体となってそのイベントを仕上げるということ。
当たり前なことなのに,なぜかこの言葉にハッとする。
需要と供給の一致なんだけども
そこはゆるく穏やかな空気が流れている気がするのだ。

 

 

 

 

 

会場はオープンしたばかり、話題のシェアホテル
「KUMU Kanazawa -THE SHARE HOTELS-」。 
旅人が行き交う素敵なこのロビーから2018年も音楽 の旅が始まります。

 

旅する音楽 & toridori presents
【畠山美由紀と小池龍平のライブ】

日時 2018.1.14(日) 開場 18:00 開演 18:30
会場 KUMU Kanazawa -THE SHARE HOTELS-
限定100名のスペシャルなライブ。

 

《チケット》前売 4,500円/当日 5,000円
◇ライブポケット:https://t.livepocket.jp/e/ tarx4 ←(速攻click!)
◇ローソンチケット Lコード:56349 

 

 

私も行きたい僕も行きたいって方
是非とも一緒に
音楽をいいわけに旅に出ませんか?
チケットのご予約不安だわ?って方
こっそり?メッセージいただけたらご相談に乗ります。w

 

畠山美由紀&小池龍平/Drip for Smile~アルバム『Coffee & Music ~Drip for Smile』より

 

| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
アタラシイ、ガレタッソ始動。 01:12

 

 

 

 

2017年12月10日。

ガレタッソ始動。

 

そう、あのガレタッソだ。

二木さんのいないガレタッソに灯りがつく。

『黄昏通り』
いつの間にかそう呼ばれるようになった。
ニキさんあってのガレタッソだとどこかで思いながら
常連客だった高桑君が二代目店主として
ガレタッソを続けることを決めた。
簡単な決意ではなかったと思う。
店内の掃除も改装も仲間たちと一緒に業者に頼まず
コツコツとやり見違えるようになった。
ウイスキーをこよなく愛している彼のラインナップ。
ガレタッソで飲んでいたお酒ももちろん入れて。
ラムコンシェルジュの資格をとったの時には
今のこの状況などまったく予想もしてなかったはず。
不思議な展開に驚く。
オープニングスーパー助っ人は
城端麦酒の有田くん。(こーすけ)
もちろん城端麦酒のクラフトビールも生で飲める。
彼の繊細な舌の感覚にちょっと驚いた。(ちょっとってw)
ソフトドリンクはもちろん。美味しい珈琲も淹れる。
美味しい酒のアテも。
黒板メニューもどれも気になるメニューが多い。
カウンターの下にLEDを。椅子もテーブルも床も磨いた。
トイレにはなんとウォシュレットがww
座ったときに温かいのは嬉しいw
アタラシイ、ガレタッソ。
ガレタッソはこれからも
誰もがふらっと立寄れる止まり木のような
そんな場所で在り続けたいと。
黄昏通りのあの場所に
ガレタッソからもれる灯りがまたついた。
店を続けることの難しさは十分に覚悟のうえだと思うけど
どうか彼らしく、無理をせずに愉しんで
多くの人達がまた繋がる場所になったらいいなと心から思う。
ね、ニキさん。どうか空からダメだししてやって下され。w
■galetasso■
〒921-8166 石川県金沢市泉野出町3-13-2
時間 8時頃から
電話 076-272-5353
mobile  090-6274-0042  (高桑)
不定休 (年内休まず営業予定)
| BAR | comments(0) | - | posted by maarunchu
つまらないとこなんてどこにもない。 20:19

 

 

地域の魅力を引き出すオモシロ編集長直伝!

「編集力」をみがいて「おもてなし力」アップ講座』に

誘いいただき参加して来た!



何年か前に講師の藤本さんが金沢に
移動写真館でやって来たとき
ひょんなご縁で夜の食事会に混ぜてもらえてからの不思議なご縁。
(つってもさほどからめてはなかったので記憶がなかったと言うw)



今回誘ってくれた財部くんは
そんな出来事を知る由もなく。w

不思議だなぁ。
そんなこんなでちゃっかり
欲しかった本も買えて講義内容も面白くって行けたことが嬉しかった。



日本中を旅する彼に
一番興味深く面白かったとこはどこですか?と質問者の問いに

つまらないとこなんてどこにもないと言った。
地方の面白さは

そこに住んでない人の方が実感出来るという話しに深く納得。

東京ローカルの情報=日本のスタンダードだと考えるのはおかしい。
自分たちには自分たちのスタンダードがある。



金沢にいるからこそ

おもろいことできるんちゃうやろか。という気になる。
不思議だ。



編集力というのはたんなる雑誌を作るだけではなくって
陽の目を浴びてない「ふつう」を
「あたらしいふつう」にしておもしろがることなのかもしれないなぁ。

つまりアタシは昨日とっても触発されたのであった。
思いはカタチにしないと伝わらないのよね。うん。



Re:Standard
あたらしいふつうを提案する。

Re:S(りす)は、
日本の地方をテーマに、本づくり、雑誌編集をする会社です。

その他、
デザイン、アートディレクション、
商品プロデュース、地域プロデュース、
イベント企画、ワークショップ運営など、
アイデアと編集力で、様々な問題解決をすることに
とてもワクワクする会社です。

という会社をされてる藤本さんはw
2時間喋くり倒してみんなを笑顔にして帰った。

もっといろんな引き出し持ってるんだろう。
ほんの一部だったにちがいない。
いろんな出会いに感謝。

私たちに魔法をかけていった。

そんな気がする。ワクワクする魔法を。

| ちょっとドキドキ | comments(0) | - | posted by maarunchu
気持ちに寄り添うということ。 19:06

 

 

 

花屋という仕事は

贈る人の気持ちに寄り添い

その気持ちをカタチにするということだと思う。

 

お祝いの時もあれば

哀しみを伝える時もある。

プロポーズの際にお花を添えたいというオーダーもしばしばあり

本当にありがたいことだと本当に思う。

言うなれば贈る人は知っていても

贈られる方を知らないという事も沢山あるし

贈る側も知らない人ということも。

 

 

たまたま贈る側を知ってることもあったりするけど。

オーダーのときにある程度のドラマは

聞き出すようにしている。

今日のオーダーは陰膳の横に共に飾ると言う花だった。

 

 

東京からのお客様に帰りには渡したいということで

邪魔にならない小振りなもの。

 

 

作った花をいつもお世話になってる女将さんに届けたときに

とても喜んで頂きぽつりぽつりと話しだした。

 

 

の方はね。17年間ずっと毎月一度お越し頂いていた人なの。

以前は金沢に住んでいたんだけどお仕事で親御さんを残して

今は東京で住んでらして。月に一度金沢に来て

必ずウチの店に来て頂いた人だったの。

その人が亡くなって49日には

ウチの店で食事をとおっしゃってくれてたんですって。

遺言ていうかそんな感じで。

ありがたいでしょう?本当に私たちも感謝だなぁって。

それでお花をね、ウチで用意したいと思ったのよ。

 

凄い話しだ。いうなればざっくりとしか聞けてなかった情報だった。

そのドラマのような出来事に関わらせてもらえるということに

背筋が伸びた。亡くなられた方がどれほど

この店を大切に思っていたんだろうと思うと。

それはお店の方々がその方を本当に大切に思ってて

来るたびに最高のおもてなしをしていた証なのだ。

 

 

 

贈る人と亡くなられた人の気持ちに

寄り添えたとおもうが・・・

オーダーを聞く際に出来るだけその人が伝えたい気持ちを

今まで以上にきちんと聞ける人にならなきゃと思ったアタシがいた。

つまりは人と人を繋がりを無視しては

寄り添えないのだと深く感じた。

 

 

うん、明日も頑張ろう。

| 大切なこと | comments(0) | - | posted by maarunchu
ヤバイくらいに素敵な奴らにありがとうを。 18:00

 

 

 

 

 

あれは私が40歳になるということで

友達たちが私に内緒でパーティーを開いてくれたんだ。

今はもう48歳だから8年も前のことなんだけど。w
そんときの様子はコチラで。。w ←気が向いた人click!

 

 

まんまとハメラレタあの日が急に懐かしくなったのは

その日にもらったnikiさんからのプレゼントを見つけたからだ。

この日はなぜかものもらいで眼鏡かけてたり髪が一生で一番長い?といった

非常に懐かしくも恥ずかしくもある嬉しい日。

まぁなんでこんなことを書いとるかっと言うと

nikiさんがお空に旅立って一週間。

ありがたいことにいろいろと

おくるお手伝いをさせてもらうことが出来

花屋であるということでご自宅にも何度もお花を配達も出来たりと

受付やらなんやらで多くの方がお別れを言いに来てくれたときに

なぜかずっとずっと何度も何度もありがとうありがとうと

お前は親戚かってくらいに言い続けたわけで。。

 

 

この日だけはどう思われてもありがとうという言葉が溢れてしまって。

nikiさんのかわりになんてなれないけど

nikiさんのようにありがとうって言いたくて。

 

 

そう、nikiさんはいつもみんなに

あんやとねーって言ってた。

 

 

お空に旅立ったあとどうしても笑うことが出来なくて

どんどん落ちて行く私に友達が

「今日を生きたかったあの人の為に、あんたは楽しむべきや」と言ってくれた。

そうだよ、アタシこないだのBlogで

泣いてる場合じゃない。

私が何気なく過ごしている今日という日は

先日亡くなった彼が必死で生きたいと願っていた一日なのだ。

なんてゆーとるじゃないか。コラ。舌の根も乾かんうちに。

 

 

 

最高の仲間たちと家族。一人じゃないってば。

どんなに辛いことがあってもアタシ笑おうって決めたんだった。

 

 

このBlogのタイトルのように

笑えない人生なんて意味がない。忘れそうになってた。危ない危ない。

 

 

nikiさんありがとね。

このもらった本また読み返してみる。

んでもってもっともっと自分のこと好きになるね。

 

 

今年は本当に沢山泣いたけど

たくさん笑えるように真っすぐ生きるから

見守っとって。

 

 

凹んどる自分にさよならじゃ。

昨日よりも今日

今日よりも明日のアタシのミライはアカルイのじゃ。

| 大切なこと | comments(0) | - | posted by maarunchu
The day of today, the first day of the rest of your life. 12:59

 

 

なんというか

日々の慌ただしさにすっかり負けている自分

 

大切な大切な友人の訃報で泣きすぎて
目がボンボンなのだ。(もともとボンボンなのに。。)
その人との出逢いも不思議なもので
とある宴席(そうだ、あれは移転前のアロスだった)
お互いに酒が入っていたわけで(そらそうだ)
私の姉のような友人を見つけるや否やぶちゅーーーーーーーーっと。。(以後自粛w)
衝撃的な出逢いだった。w
その頃私はまだ真面目に
そらもう真面目に(しつこい)毎日Blog更新していたんすね。
その人は有名なブロガーだったらしくw
(私ほとんど人のBlogを覗きに行ってなかった頃)
なんと私のBlogも読んでいてくれたらしくw
(恐縮っすマジ恐縮っす。今放置過ぎてます、ええ)
あるときその彼がなんとBARを始めたと聞いたころ
私を連れてきてーと言ったそうで。(今にして思えば、実に愉快だ)
連れて行かれていつの間にやらすっかりファミリーの一員に。
そんなこんなで
存在が家族のようで当たり前にいつでも逢えると思っていた。
そんな彼が切望して
迎えたくて迎えたくて迎えたかったであろう
今日という日を私は今、生きている。生かされている。

 

 

 

 

 

大切な人を失うたびに

今日という日は、残りの人生の最初の一日。と言う言葉が
アタシの頭に流れ込み
「しっかりしろよ、生きてるんだろ?出来ることまだいっぱいあんじゃんよ」と
とりあえず泣きすぎたボンボンの目をなんとかしなくては・・・と(最初がそこか)
彼との出逢いのきっかけにもなった
このBlogを更新してみた。
彼のおかげで沢山の友人が出来たことを心から嬉しく思う。
大好きなニキさん、本当にありがとう。
きっと天国でまた素敵なBARをしてて毎晩宴なんだろうなぁ。
私もいつかまた一緒に呑める日が来るだろう。
(まだいかんけど)
今日という日を適当に過ごしたくない。
泣いてる場合じゃない。

私が何気なく過ごしている今日という日は

先日亡くなった彼が必死で生きたいと願っていた一日なのだ。

会いたい人に会いに行き
行きたいところには絶対行こう。
食いしん坊で
呑み助で
映画が大好きで
音楽をこよなく愛し
旅が好きで
家族を愛し
人が大好きだったそんな彼の
駆け抜けた素晴らしき人生に
献杯。

 

 

 

 

 

| 大切なこと | comments(0) | - | posted by maarunchu
北陸チャリティーレストランinおみちょ無事終了! 00:23

 

 

皆様先日も北陸チャリティーレストランinおみちょにお越し頂き

誠に誠に!ありがとうございました!

なにぶん不慣れで行き届かないこともあったと思いますが
皆さんの笑顔に支えられ,近江町市場商店街振興会、多くの企業や出店者の方々、

ボランティアスタッフの皆さんのおかげで

無事終えることが出来ましたことを心より御礼申し上げます。

当日は天候にも恵まれ、前日までの雨が嘘のような青空に!

本当にたくさんの方が熊本の美味しいものを見て、手にとって、

食べていただけたのではないかと思います。

いま現在は経費などの集計中でありまして

御報告が遅れておりますことをお許しください。

もうしばらくで皆々様にご報告出来る準備が整いますのでお待ちくださいませ。

皆様の善意の支援は必ずや熊本の復興の支援としてお届け致します!

 

そしていつの日かまたレストランオープンの際には

また是非ともお越し頂けるよう頑張ってまいりますので
宜しくお願いいたします。

取り急ぎ当日の会場の模様をピックアップして

スライドショーにしてみましたのでご覧頂けたら幸いです。

スライドショーはコチラ

 

お手数ではございますが
お手持ちのスマホやPCでご覧になる際に
その都度画質を最高画質にしてご覧頂けるとより鮮明な画像で
ご覧頂けると思います。

| ちょっとドキドキ | comments(0) | - | posted by maarunchu
いよいよ明日!おみちょでチャリティーレストラン 16:32

 

 

 

 

「今年はおみちょで。」

北陸チャリティーレストランinおみちょのイベント
いよいよ明日にせまってまいりました。。

準備間に合うんでしょうか、ワタシ。
起きれるんでしょうか、ワタシ。w

今だから言える

去年の第1回の北陸チャリティーレストランでは
前日4時まで間に合わない作業をしていて(間に合わんてどいねあーた)

シェフ牧野が「俺今日はもう寝ないで行くわ!」というので
「あんたナニ言っとれんて。絶対寝なだめ!アラームかけて寝るげんよ!わかった!?」と
オカンかアタシは的な会話で寝たんですよ、アタシも作業諦めて。

きっちりアラームをかけ忘れて・・・。(もう嫌な予感しかしない)

目が覚めたらあと6分で早朝全体ミーティングっていう時間!しかもオカンに起こされて。

「アンタどっか行くって言ってなかった?」
いやぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!(ギャボー!)

もうそこまで来たら言い訳する時間すらない!
寝坊しました!と速攻伝えてだ!
Googleマップで最速コースを検索したら高速乗れって。ww 

西インターから乗って東インターで降りれってかー!!(もちろん無視して)

着いた時はすでにみんなが慌ただしく準備していて
遅れて来た私なんかに目もくれず。

円陣も組めず。(穴があったら入りたい)

てなわけで今年の目標は寝坊をしないことです。(ダラかアタシは)

皆さん、おみちょで待ってます!
見つけたらお声かけください。

「お?今日は起きれたんだ!」と。(違う、そうじゃない)

旨そすぎる豪華なラインナップが決定しました。もうなんていうか。。みんな素敵で泣ける。


というわけで明日は!

お財布持ってGOGOGO!です!(見ただけでおなか鳴ったヒト。そこのあなた!)

| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
今年はおみちょで。第2回北陸チャリティーレストランオープンします! 00:03

 

 

 

 

 

御無沙汰すぎてごめんなさい。ww

気がつきゃ元旦から更新してない!(色々ありすぎた!)

 

てなわけで。。。早速告知。(いきなりだな)

今年もやります!チャリレス!


来る5月28日、日曜日のおみちょで(近江町市場 活性化広場)行われる

第2回北陸チャリティーレストランは
去年と違ってレストラン方式ではなく!屋台形式です。屋台ですよ屋台!


お待ちかねの参加する有志の飲食店ブースが決定致しましたのでご報告したいと思います。

今回は各飲食店がジャンルの垣根を越えたコラボ出店です!(すぎょい、感謝感謝です)

お待ちかねの出店ラインナップは・・・
■旬房さかい&八十八 ■←木倉町の繁盛店コンビではないか!
■タカマッツォ&麟&DUB etc.. ←どうやら行くとわかるコラボがごにょごにょごにょ。。。w
■彌三郎&百楽荘&ちくわ&楠亭←和食コラボでちょい呑みセットとか出ちゃうのか??
■パティスリー OFUKU&LIS&ONO&SUCRE PLAGE&Cacaote←すでに甘い香りが漂ってきた!
■エンヌ&L’OSTAL&Golosetto&tawara ←まぶしいメンツっすね!
■アロス(あ!ここにもおなじみ木倉町の魔人登場!)
■ビストロ ショコラ(熊本)←熊本から参戦!プチ熊本物産展か!?
■Makino & ウーヴァウーヴァ&ちょう吉←フレンチとイタリアンと焼き鳥でどうなっちゃうのだ?
■ピッツェリア SALINA←活性化広場にあのバスが!
■寿司 源平&太平&あいじ&かた田←寿司ブース!?

 

 

果たしてどのような熊本の食材を使った
美味しいメニューが出てくるのか!?
愉しみで仕方ありません。
メニューの詳細はまた後日お知らせ致します!
どうかお楽しみにしていて下さい。

 

 

周辺には
いちば館駐車場や近江町パーキング、 近江町市場駐車場
などなど多くのコインパーキングがあります。
ドリンクブースでは熊本ならではのワインもご用意します!

 

近江町市場さんのご協力により活性化広場を使わせて頂き
多くの人が満足出来るイベントをしたい。

今もなお熊本には仮設住宅で暮らす人々がたくさんいます。
一年経っても心の傷は簡単に癒せやしない。

去年の活動で繋げたご縁、自らも被災者である
ビストロショコラの宮本氏が
皆さんに熊本からのありがとうを伝えたいと来県されます。

宮本氏セレクトの熊本の美味しい食材がたくさん販売もされますので
そちらもお楽しみに!
 

 

私は料理人ではないけど運営スタッフとして
「自分にも出来る事がきっとある」を忘れずに
少しでも被災した多くの方々の気持ちに寄り添いたいと思っております。

美味しいコラボメニューは随時ご報告してまいりますので
お楽しみにその日はおみちょに来て下さいませ。

去年作った(勢いで)お揃いのチャリレスTシャツ着て(今年は新色登場!)←ちょこっとだけど販売もあるかも??
5月28日(日)11時から16時まで
近江町市場 活性化広場にて!スタッフ一同心より元気いっぱいはりきって!
皆さんのお越しを心より満面の笑顔でお待ちしております!

是非是非おみちょにお腹空かせて!遊びに来て下さい。

待ってまーす!

 

 

 

| ちょっとドキドキ | comments(0) | - | posted by maarunchu
merci!2017 23:46

 


 

 


あけました。無事に。笑
 

 

朝からまあると初詣にすっ飛んで行って
毎年恒例のお墓参りに行き、ばあちゃんに挨拶とご報告を済ませた。

 

 

澄んだ空気にテンションが上がる。墓地だけど。w

 

一足早く従兄弟のてっちゃんがが来ていて

久しぶりに会えた。何年も墓参りにきているが初めてここで遭遇するから慌てた。w
まあるの成長っぷりに感慨深そうに。そりゃそうだ、もう19歳だもの。

そして福袋を買いたいまあると

年賀とオカンの誕生日プレゼントを買いに車を走らせた。

 
オカンは元旦誕生日と言うめでたい人で
(実は天皇と同じ日に産まれて恐れ多いという理由から出生届を一週間遅れさせられたという人)
とりあえず出かけるときに二人で声をそろえて
「お誕生日おめでとうございます!』と言ったのだが
ただただ嬉しい顔をしてありがとう!と言ったオカンに
毎年元旦初売りでプレゼントを買うというお約束は
何となく続いている。

 
あの人は色が白いからこの色がいいんじゃないの?とまあるが言うので
綺麗なマスタード色の着やすそうなニットを購入。
着るのを手伝ってあげて鏡の前に連れてくと
なんだかとっても嬉しそうでアタシ達はニンマリした。
 
毎年恒例の親戚が集う新年会でたらふくご馳走を食べ
毎年恒例の元旦シネマに向かった。
観たいねぇと言ってたファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅。
ハリーポッター好きには外せない作品で
ダンブルドアがまだ校長ではなく先生だった頃のお話。
面白かったー。次回作が愉しみ。
 
映画が大好きなまあると行く元旦映画ももうずっと続いてる。
いつまでこうやって行けるんだろうなぁと思いながら
穏やかに過ごすお正月にただただ感謝なのだった。

 
去年は北陸チャリティーレストランという
熊本復興支援イベントをやった事で
たくさんの出逢いもあったしご縁も頂けて
とにかく慌ただしくも充実した1年だった。
これは今後も続くし
次なるイベントをまた企画出来るというワクワク感。
これは間違いなく英気を養う休日。

 
今年もとにかく笑えればいい
と、思う。
そんなワタシは今年もたくさんの笑顔に会いたいし
たくさんのありがとうを言えるように、聞けるように
今年もどうかご贔屓にと
短い正月休みをゆるゆると過ごしたいと思う。
| 休日を楽しむ | comments(0) | - | posted by maarunchu
| 1/195 | >>